上柴とおるのポップス・ア・ゴー・ゴー!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【解説】アニマルズ

 アニマルズ
 アニマルズアニマルズ

◎1964年にデビューして1968年には解散、とキャリアは長くなかったもののミュージック・シーンに大きなインパクトを残し、後世にも大きな影響を与えたイギリス出身ジ・アニマルズの米国盤アルバム3枚(1964年~1965年)の解説を担当しました。

1作目~2作目はブルース、R&B、ロックン・ロールのカヴァーが多く、3作目ではオリジナル曲が一気に増えています。今回もまた時系列をきっちり把握した詳細な記述で業界関係者も必見♫

■『ジ・アニマルズ』
 http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6347

■『ジ・アニマルズ・オン・ツアー』
 http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6348

■「アニマル・トラックス」
 http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6349

| WORKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【解説】ウォーカー・ブラザーズ

ウォーカー・ブラザーズ
ウォーカー・ブラザーズ

◎1960年代中・後期にかけて英米で話題を蒔いたアメリカ出身のポップ・トリオ、ウォーカー・ブラザーズ米国盤アルバム2枚(イギリス盤とはジャケットも中身も異なる)の解説を担当しました。

日本での大ブレイクも含めてリアル・タイムで経験した筆者ならではの時系列をきっちり把握した詳細な記述は業界関係者も必見♫

『イントロデューシング・ザ・ウォーカー・ブラザーズ』
 http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6366

『ザ・サン・エイント・ゴナ・シャイン・エニモア』
 http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6367

| WORKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【解説】ロニー&ザ・デイトナス

ロニー&ザ・デイトナス

「G.T.O.」(1964)年で当時のホット・ロッド・シーンを‘乗り回す’一方で、「Sandy」(1966年)のように甘くてとびきりメロウな魅力も聴かせたロニー&ザ・デイトナス

その代表曲を軸にしたデビュー盤『G.T.O.』とセカンド『サンディ』を一つにまとめた全24曲のアルバムの解説を担当しました(本邦初の丁寧さ!)。

■発売元:http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6352
■ブログ:http://merurido.jp/magazine.php?magid=00012&msgid=00012-1484407799


| WORKS | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【解説】ポール・リヴィア&ザ・レイダーズ

 ポール・リヴィア&ザ・レイダーズ

◆1960年代後期、全米チャートで大活躍したポール・リヴィア&ザ・レイダーズのメジャー・レーベル(Columbia)第1弾アルバム『ヒア・ゼイ・カム!』(1965年)の解説(実に詳細!)を担当しました。

ヒット曲も出ずブレイクには至りませんでしたが、R&Bのカヴァー等も多数収録。
荒削りな魅力を発揮しております。
http://merurido.jp/item.php?ky=ODR6335

| WORKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【解説】ザ・トラッシュメン

 トラッシュメン

◆1964年初頭に大ヒット「サーフィン・バード」(米4位)を放った4人組、ザ・トラッシュメンの同名アルバム(ボーナス10曲追加)の解説を担当しました♪

ブログ「ポップス再前線」でもご紹介しています。
http://merurido.jp/magazine.php?magid=00012&msgid=00012-1479475255 


| WORKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT