上柴とおるのポップス・ア・ゴー・ゴー!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【解説】ダスティ・スプリングフィールド

 ダスティ・スプリングフィールド

最も脂が乗り切っていた頃といってもいい1970年~1971年にかけてダスティ・スプリングフィールドがレコーディングしていた音源を収集してまとめたアルバム『カム・フォー・ア・ドリーム-ザ・UKセッションズ1970~1971』(BSMF:8/21)の解説を書きました~♪
1970年にイギリスで出たアルバム『See All Her Faces』(当初は米発売なし)からの9曲+当時未発表の8曲で全17曲。全曲がカヴァー作でR&B、ポップス、ロック、ボサノバ、シャンソン、映画サントラ曲。。。まさにあらゆるジャンルの楽曲を‘カヴァー’して底力を見せつけとります♪

スポンサーサイト

| WORKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT