上柴とおるのポップス・ア・ゴー・ゴー!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【解説】ウィ・ファイヴ

 We Five We Five We Five

◆解説担当◆
ザ・バーズと並んで1960年代中期の‘フォーク・ロック’の始祖的なグループともいえるサンフランシスコ出身の5人組、ウィ・ファイヴがA&M時代にリリースしたアルバム3枚の解説を担当させてもらいました。『ユー・ワー・オン・マイ・マインド』『メイク・サムワン・ハッピー』が9/26、『リターン・オブ・ウィ・ファイヴ』が10/3の発売で、いずれもユニバーサルミュージックから紙ジャケット&高音質のSHM-CD仕様で登場です。キングストン・トリオのメンバーであるジョン・スチュワート(後にモンキーズの「デイドリーム・ビリーヴァー」を書くお方)の実弟、マイク・スチュワート率いるウィ・ファイヴはフォーク・ロックを基盤にいろいろな要素を持つ音楽性で楽しませてくれます。後世のアメリカン・ロックにも影響を与えた彼らの先駆的なところ等は解説書をご参照下さいませ♪

スポンサーサイト

| WORKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT